森の中に入ると清々しい気分になったり、木々のある公園でゆったりした気持ちになったことはありませんか?

には、わたしたちを癒し、健康に導く力があることが実証されています。
森林セラピーは、科学的な証拠に裏付けされた森林浴のことです。
森を楽しみながらこころと身体の健康維持・増進、病気の予防を行うことを目指します。

森の中で呼吸法やヨガ、アロマテラピー等を組み込んだ心のリラクセーション・プログラムや、ウォーキングやノルディックウォーキングの運動を通じた身体のフィットネス・プログラムを行います。
温泉やヘルシーな郷土料理を楽しめたり、医師と連携して健康相談を行う森もあります。

森林セラピーを楽しめる「森林セラピー基地」と「セラピーロード」は、現地と都会で比較実験を行い、癒しの効果・病気の予防効果が科学的に認められたお墨付きの森です。
2006年から認定が始まり、現在では全国に63ヶ所誕生しています。
森林は迷いやすい・怖い・急勾配で疲れる、などのマイナスなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、認定されている森は明るく、ロードのほとんどが緩やかな勾配です。中には車いすでも入ることのできるバリアフリーのロードもあります。

森に訪れる人をご案内するのは、「森林セラピーガイド」や「森林セラピスト」です。森林セラピーのプロである森林セラピーガイド・セラピストたちは、森を通じて心とからだの健康を維持・増進していくための補助と助言を行っています。

以上 特定非営利法人 森林セラピーソサエティのHP(https://www.fo-society.jp/)より引用させていただきました。

高島市では、平成18 年4 月に「滋賀県経済振興特区制度」で「びわ湖・里山観光振興特区」に認定され、その取り組みの一環として、琵琶湖の水源ともなっている森林を健康づくり、癒しの空間として活用するためのPR 手段として、
平成19 年1 月に森林セラピー基地認定を社団法人国土緑化推進機構へ申請を行い、森林浴コース等における生理・心理・物理・化学実験を行い、森林浴の効果検証を経て、平成20 年4 月に森林セラピー基地「びわこ水源の森 たかしま」として認定を受けました。

森林浴の効果

森林セラピーとは、医学的な証拠に裏付けられた森林浴効果のことです。 森を楽しみながらこころとからだの健康を維持・増進。病気の予防を行うことを目指しています。