前の水曜日18時のNHK天気予報で、今度の日曜日は大荒れの天気などという予報が流れ、その日のうちにキャンセルの電話が相次ぎありました。去年から天候不順が多くあり、困っています。初めてセラピーを体験される方にはお天気が良い日を選ばれることをお勧めします。ただ、雨の中の散策は特に新しい発見がり、それはそれで良いものです。

私は雨の日にいつも相田みつをの言葉を思い起こします。

「雨の日には雨のように、風の日には風のように」相田みつを

当日は小雨の予報となりました。ご用意した透明のビニール傘を差し片手にポールを持ち散策の始まりです。小雨はだんだんおさまり、最後には太陽も見られ少し暖かくなりました。少し風が強く吹く時間帯もありました。

アブラチャン、マンサク、ダンコウバイ、クロモジ、の黄色い花。紫色のシハイスミレの花、

キツツキの幹を叩く音が聞こえた谷あいの開けた平地から、遠くの山、山の山頂の木々を透かして見えた青い空、落葉広葉樹が葉を着けていないのですっきりした景色が気持ちが良かったです。

写真をアップしますね、お待ちください。

次回は、R3年度第一回マキノ高原です。びわ湖に流れ込む水源の清らかな水がテーマとなったヨキトキカワ(斧研川)を右に左に見ながら、ゆっくりと調子が滝までを巡る散策です。お天気が良いといいですね。今年は湿った雪による木々の痛みがひどいですが、コース整備に精を出し皆様のお越しをお待ちしています。マキノ千本桜がもうすぐ満開になります。コース上の桜並木は穴場です。5月の連休には八重桜が咲き乱れますよ。お楽しみに。ご案内します。